タグ:渡舟 ( 5 ) タグの人気記事


2011年 07月 29日

石岡の味覚満喫キャンプ

f0234447_7103179.jpg

暑い夏を満喫しちゃおう企画の第2弾は、石岡市八郷地区でのキャンプ♪
八郷地区は「にほんの里100選」に選ばれ、茅葺屋根の民家や棚田などの風景があるところ。
そんな昔ながらの風情を今に残す里で、石岡のおいしい食材を、おいしい地酒とともに愉しんじゃおうというのが今回の目的。
つまり、石岡の味覚を満喫しちゃおうキャンプでもあります。


f0234447_710229.jpg

石岡の地酒として選んだのは「渡舟 濾過前五十五」。
これまでも何度か紹介していますが、府中誉さんで造られる「渡舟」というお酒は、石岡市の八郷地区で栽培された「渡船」というお米を使い、筑波山系の伏流水で仕込んだお酒。

地元のお米、水、空気、人によって生まれたまさに「地酒」は、その土地で生まれた美味しいものを愉しむにはピッタリじゃないということで。
もちろん、好きだからなんですけどね♪

このお酒は、府中誉さんで蔵に行って購入しました。
いつも行っている近くの酒屋さんで買ってもいいんですが(笑)、社長であり杜氏の山内さんとお話しをして買いました。
今回の目的は「石岡の味覚を満喫する」なので、満喫度合いをアップさせるために、実際にお酒を造っている人から手渡ししてもらって買う・・・いわゆる気分を高めるための演出ということで(笑)。


f0234447_7101919.jpg

石岡の食材として選んだのが「やさとしゃも」。
抗生物質を使用しない無薬飼料で、しゃもの健康を第一に考えた飼育環境で育てたというしゃもは、関東では初めての「地鶏JAS」認定を受けたこだわりの一品。

このモモ肉を適当な大きさに切って串に刺して塩を振る。
あとは炭火でじっくり焼くだけ!
うんまぁい!!
噛むほどに旨みが口に広がります。

おいしそうな焦げ目がついているつくねは「やさと本味どり」で作ったもの。
で、これも炭火でじっくり焼く。
ふっくら焼けたつくねに、「やさと平飼いたまご」の濃厚な黄身を絡めて・・・これもたまりません♪


f0234447_7163887.jpg

「やさと平飼いたまご」は、穴を掘ったり寝転がったりとのびのび暮らせるような空間のある鶏舎で平飼いしている鶏の卵。
鶏は抗生物質や抗菌剤など使用しない飼料で育てられているんですって。


f0234447_7102493.jpg

石岡の食材、まだまだあります。
八郷で採れたねぎやトマトも焼いて・・・
油揚げはパリッと焼いて、サッと醤油を・・・かけると最高!


f0234447_7101791.jpg

地元の方が作った「きゅうりの漬物」と「茄子のからし漬け」。
からしの辛さが効きました(笑)


企画通り、暑い夏、そして石岡のおいしいものを満喫できたキャンプだったので満足。
でも、できればもう少し涼しい時期の方がよかったかなぁ(笑)

その土地に足を運んで、その土地の食材を自分の目で選び、それを調理して食べるっていうのは楽しいですね。(焼いただけだけど(笑))
茨城ってこんな愉しみ方ができるところが他にもたくさんありますからね。
海の幸、山の幸は豊富だし、酒蔵の数も関東で一番多い。

今年の夏、茨城でのキャンプはいかがですか?

さて、今度はどこに行こうかな(^-^)♪


f0234447_7101337.jpg

今回のキャンプの食材は、八郷地区にあるJAの柿岡直売所で買いました。
お肉、卵、野菜だけでなく、手作りの漬物やお惣菜まで、八郷のおいしいものが揃っています。

JAやさと柿岡直売所
茨城県石岡市柿岡3236-6
TEL:0299-44-8310
FAX:0299-43-0831
営業時間:4月~10月/AM8:00~PM7:00
      11月~3月/AM8:30~PM6:30
定休日:年末年始
http://www.ja-yasato.com/contents/tyokubai.html



f0234447_7102860.jpg

今回お邪魔したキャンプ場は「星の森オートキャンプ場」。
山の斜面を雛壇のようにしたキャンプ場で、オートサイトは12区画あり、他にバンガロー1棟、BBQ棟1棟などの施設がありました。
炊事場もトイレもシャワー室もきれいに掃除されていて、きれいでしたよ。
あまり知られていないのか、利用者も少なく静かに過ごすことができました。

星の森オートキャンプ場
茨城県石岡市下青柳886-5
TEL:029-942-3927
FAX:-




茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-07-29 07:20 | 石岡
2010年 10月 23日

酒米「渡船」の収穫祭に行ってきました!

f0234447_2039622.jpg


すっかり秋らしい空になった10/17の日曜日。
「渡舟」の醸造元である府中誉株式会社が主催の酒米「渡船」の収穫祭に行ってきました。

今回は、今年の田植えの際に意気投合した「渡舟」大好きメンバー総勢6名との参加です。


f0234447_20393225.jpg


黙々と作業する「渡舟」大好きメンバー。
昨晩の前夜祭でも結構飲んだのに(笑)、すっごく真剣に取り組んでいます。
普段やらない慣れない作業に加え、今年はちょっと田んぼがぬかるんでいたので、足を取られたりして大変そうでした。

僕はいろんな事情で写真撮影に専念していたので・・・ちょっと肩身が狭い思いを(笑)


f0234447_20395258.jpg


順調にオダ掛けをしていたと思ったら、オダが倒れそうになるアクシデント発生!
でも、農家さん、参加者のみんなで力を合わせて乗り切りました。
素晴らしい!
この経験をした方々は、この時の話題を肴にしながら、このお米で醸される「渡舟」を飲めるんですよねぇ。
きっと一味違うと思いますよ。


f0234447_2040953.jpg


そしてお待ちかねのお食事会♪
本日飲めるお酒は6種類。
「渡舟」を一度に飲み比べできる機会って、ここでしかありません。
乾杯は「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り」で!


f0234447_20403065.jpg


注目は3番目に出された「H18BY 渡舟 大吟醸 4年熟成 斗壜取り」。
非売品なので、ここでしか飲めないスペシャルな「渡舟」。
H21BYの大吟醸と比べると、それぞれのうまさはもちろんのこと、特徴の差が歴然。
メンバー一同納得のうまさで、おかわりをお願いしましたが、残念ながら残ってませんでした(笑)

写真はH21BYの大吟醸です。
この時ばかりは、写真を撮るのも忘れて飲みまくってましたので(笑)
やっぱり、酔っていたんでしょう・・・なんだか写り位置がイマイチですね(^-^;


f0234447_20404781.jpg


お料理もおいしものが勢揃い。
今回の一番人気が「お芋の甘味噌がらめ」。
この味噌味が「渡舟」とも合う合う・・・
取り皿にもらってきても、次々と手が伸びてあっという間になくなっちゃうぐらい。


f0234447_2041466.jpg


秋刀魚塩焼き、原木しいたけの炭焼き、ローズポークの炭&鉄板焼きも。
地元野菜のけんちん汁と新米こしひかりのおにぎりは、今回もおかわりしちゃいました♪


f0234447_20414364.jpg


石岡の地元の方が石岡囃子の笛、「ひょっとこ」と「きつね」を演奏して下さいました。
軽快で明るい石岡囃子で場の雰囲気も盛り上がりました。
社長の山内さんも負けじと「おかめ」を演奏!
皆さんから拍手喝采を受けていました。


このイベントは、石岡、そして茨城の酒と食の魅力を体感できるものだと思います。
日本酒好きな方はもちろん、そうでない方も清酒「渡舟」の魅力を知っていただく良い機会だと思います。


次は来年の春の田植え。
今回稲刈りしたお米がお酒になって、それを飲むことができます。
今から楽しみで仕方がありません♪

みなさんも来年は参加してみませんか(^-^)♪

茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-10-23 20:50 | 石岡
2010年 09月 29日

黄金色に染まった「渡船」の田んぼと彼岸花~石岡市~

f0234447_20334765.jpg


台風一過で午後から晴れた土曜日。
石岡市太田にある田んぼに行ってきました。
この記事で紹介した春に田植えをした田んぼです。

この田んぼでは、同じく石岡にある府中誉株式会社で醸される日本酒「渡舟」の原料となる酒米「渡船」が栽培されています。


f0234447_20341185.jpg


畦には彼岸花が咲いていました。
周りの食米の田んぼは、稲刈りもすっかり終わってしまっている状態。
酒米「渡船」は他の米より、約1ヵ月も収穫が遅いんですね。


f0234447_20343423.jpg


「渡船」の穂先にはヒゲ状のものがありますね。
これは芒(ノゲ、ノギ、ボウ)というもので、品種改良がなされていない、野生に近い品種の稲に見られるものだそうです。


f0234447_20352143.jpg


春に植えた苗が成長して、こんなにたわわに実りました!
これが全部お酒になるんですね・・・ムフフ♪(笑)

でも、お酒にする前には、まず稲刈りをしなければいけませんね!

というわけで、酒米「渡船」の収穫体験・食事会が10月17日(日)午前11:00から開催されます。

みんなで鎌で稲を刈り、オダがけをします。
昨年、初めて体験しましたが、結構楽しいですよ♪
初心者だって簡単にできちゃいますから。

収穫の後は、新鮮な地元食材を使った農家さんの手料理で「渡舟」を堪能できますよ。


申し込みは10月13日までですが・・・予定人数になり次第締め切りになるそうなのでお早めに!
詳細は府中誉さんのブログでご確認下さい。


一緒に飲みませんかぁ(^-^)b
あれ?今回は飲めるのか!!??



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-09-29 20:41 | 石岡
2010年 05月 20日

酒米「渡船」の田植えに行ってきました

f0234447_2342378.jpg


5月16日の日曜日。
晴天の空の青さと山の新緑の風景がきれいな日でした。
そんな気持ちのいい日に、石岡市(旧八郷町)太田地区にある田んぼで行われた、酒米『渡船(わたりぶね)』の田植え会に参加してきました。
以前紹介したこちらの記事で紹介した善光寺があるとことです。


このイベントは、清酒「渡舟」でおなじみの石岡市の酒蔵「府中誉株式会社」が主催しているイベントです。
僕たちは昨年から夫婦で参加していますが、田植えも、その後の食事会も楽しいので、今年も参加することにしました。


今回は総勢約200人の渡舟ファンが集まりました。
あ、未来のファン候補のお子様も含めてです(笑)


f0234447_2334016.jpg



いつもながら軽快なトークの山内社長の挨拶、渡船を栽培してくださる農家の代表をされている谷仲さんから田植えの説明があります。

なんでも苗は田んぼに深く植えるのではなく、浅く植える方が根がしっかり生えるんだそうです。
「収穫量=出来上がるお酒の量」になるわけですから、収穫量を減らすわけにはいきません(笑)
キモはしっかり押さえて、いざ田んぼに入ります。


f0234447_2344211.jpg



さぁ、田植え開始。
田んぼに入る瞬間、なぜかみんな笑顔です。
気持ちいいんでしょうか。


f0234447_2345742.jpg



にわか農家のみなさん真剣です。


f0234447_2351442.jpg



こんな感じで植えてます。
大丈夫!?


f0234447_2353011.jpg



ほら、きれいに植えられたでしょ(笑)


f0234447_236195.jpg



足を洗ったら・・・


f0234447_2362336.jpg



待ってました!のお食事会。
乾杯のお酒は、今日のために特別に壜詰めした「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り」。


f0234447_2364430.jpg



続いて振舞われたのが、「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り”おり酒”」。
これがすこぶる評判が良く、同席した方々も絶賛してました。

社長にお話しを伺ったところ、一升瓶で10本程度しか取れないそうで・・・そのうちの6本が当日振舞われました。


f0234447_237387.jpg



残念ながら、僕はドライバーなので飲めません(笑)
本当に悔しいんですが、春は我慢です。
秋が僕が飲める番なのですが・・・でも、”おり酒”はないよなぁ(涙)
というわけで、僕は仕込み水で♪


f0234447_2372736.jpg



農家の方々が揚げてくださった天ぷら。
近所で採れた新鮮な「たけのこ」「うど」「柿の葉」「みつば」「山芋」など。

どれも素材の味がしっかりしておいしい。
特に山芋の天ぷらがおいしかったなぁ。

手前の「フキの煮物」もおいしかったし、おにぎりも二つも頂いちゃいました。


おいしい空気とおいしいお酒と料理。
穏やかで幸せな日曜日のひとときを過ごすことができました。


そしてもう1つ嬉しかったこと。
それは、今回意気投合して仲良くなれた方がいたことでした♪
今年は楽しいことが増えそうな予感がします。



秋には稲刈りがあります。
府中誉さんのブログで告知されますので、興味をもたれた方は是非参加してみませんか?
そして一緒に飲みましょう(^-^)



府中誉株式会社
住所:茨城県石岡市国府5丁目9-32
電話:0299-23-0233
FAX:0299-23-0234
URL:http://www.huchuhomare.com/


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-20 23:09 | 石岡
2010年 04月 25日

そばと豆腐で渡舟を想う【とうふ そば処 しげふじ】

f0234447_22365264.jpg


いい天気でお出かけ日和だった土曜日。
前日の夜更かしにちょっと眠たい目をこすりながら(笑)、今日は石岡の八郷地区のドライブ&お散歩です。


実はお目当てがありまして・・・
そのお目当てというのは「とうふ そば処 しげふじ」さんです。


おいしいお蕎麦のお店として大変有名ですが、以前こちらの記事でご紹介した府中誉株式会社の「渡舟」という日本酒に、実に関係の深い方のお店なのです。


「渡舟」は酒米「渡船(わたりぶね)」で醸された日本酒です。
渡船は、山田錦の親にあたる品種で、明治末期から昭和初期まで酒造り専用のお米として栽培されていましたが、病気や害虫などに弱いなどの理由から生産されなくなっていました。

そんな幻になってしまっていた酒米を、府中誉の山内社長が「茨城の酒米を磨き、本当の地酒を造りたい」と、つくば市にある国立農業生物資源研究所が冷凍保存していたわずかなの種もみを譲ってもらい栽培をはじめましたのです。

その際、茨城県の農業栽培指導の専門技術者であった「とうふ そば処 しげふじ」のご主人、堀田藤重(とうじゅう)さんは、酒米「渡船」の栽培の復活に尽力してきたそうです。

そんな渡船の田んぼの傍にお店がある「とうふ そば処 しげふじ」さんのパンフレットには次のようにあります


「石臼で挽く自家製豆腐と手打の常陸秋そば
  酒の「渡舟」をお楽しみ下さい」



そういう理由もあって、今までずっと行きたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれずにいたので、念願かなってという感じです。


「とうふ そば処 しげふじ」さんの営業時間は11:30~14:00。
しかも、お目当ての「しげふじセット」は限定10食ということで、一番乗りを目指して出発。
ところが、ちょっと早すぎたので寄り道を・・・


f0234447_22411214.jpg


国指定重要文化財の「善光寺楼門」です。
場所は茨城県石岡市太田940-1です。
善光寺は、文亀元年(1501年)の室町時代に、小田城主小田成治が「新善光寺」を深く信仰していた母堂の願いを受けて建立されたといわれています。
元禄14年(1701年)に現在地に移されましたが、現在残っている当時の建築物は楼門だけのようです。
一般的には、二階建ての門のことを楼門といいますが、この楼門は「三間一戸楼門」の形態だそうです。
理由は「何らかの原因により完成を断念した」のだそうです。


f0234447_22442243.jpg


門をくぐって階段を上って行くと、廃寺になってしまったお寺の本堂があります。
屋根の部分が崩れ落ちてしまっていて、なんとも寂しい限り。
ただ、ロケ地としては結構人気ようで、「仮面ライダー」のシリーズなどで利用されているそうです。
でも、どうなんでしょ・・・そのままっていうのは。


f0234447_2246251.jpg


で、11時ちょと過ぎに「とうふ そば処 しげふじ」に到着。
駐車場は・・・と、お店の前に停めて良いものかどうか迷っていると、中からご主人が現れて、「ここに停めなさい」とお店の前を指差す。
しかも、入っていいということで、11時30分前に一番乗りで入店。
そして、目的を達成すべく「しげふじセット」を注文。(^-^)


f0234447_22471595.jpg


おそばととうふを待っている間は窓の外をぼーっと眺めてました。
その景色は、まさに日本ののどかな原風景。
お天気も良かったので、とっても癒された気分。


f0234447_22488100.jpg


f0234447_2250277.jpg


豆腐は2種類。
温かい豆腐と冷たいの。
お豆腐は、八郷産の豆腐専用の大豆を使用し、石臼で手挽きしています。
時間と手間をかけて、その日の朝から丁寧に作られたものです。

「お醤油をかけずにそのままどうぞ」とのことでしたので、そのまま口に含んでみると、大豆の甘みと旨味が口中に広がります。

ご主人に「おいしいですね。」と感想を申し上げたところ、「初めて来る人はなかなか豆腐を注文してくれないんですよ・・・たかが豆腐だと思うんでしょうね。」とおっしゃってました。

もう一度言っておきます。
おいしいお豆腐です・・・是非(^-^)


f0234447_2251180.jpg


こちらは「おから煮」。
しっとりめでやさしい味付け。


f0234447_2252115.jpg


盛りそばです。
お蕎麦も石臼で挽いたものを、近隣の山懐から湧き出る地下水を使用して打っているそうです。
お蕎麦に全く詳しくありませんが、食べてストレートにおいしいと思えるお蕎麦でした。つゆも好みでした♪


f0234447_22524074.jpg


器で出されるそば湯です。


お豆腐もお蕎麦も大満足でした♪
お会計の時に、「早めに来てよかったですね」とご主人から声をかけていただきました。
「渡舟を飲みながら、あのお豆腐を食べたかったです。」と感想を申し上げたところ、

「それがやりたくてお店やってるようなもんです。」

と笑顔でおっしゃってました。

あの笑顔から察するに・・・やっぱり合うんだろうなぁ(笑)
絶対合うんだろうなぁ。
次に行くときは、絶対渡舟を飲んでやると心に誓ったのでした。



とうふ そば処 しげふじ
住所:茨城県石岡市太田1707-2
電話・FAX:0299-44-3206
営業時間:午前11時30分~午後2時 ※売り切れ終い
定休日:毎週月曜日


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-04-25 23:01 | 石岡