タグ:イベント ( 3 ) タグの人気記事


2011年 05月 05日

「がんばっぺ大洗 海・山復興まつり」で美味しい大洗を堪能!~大洗町~

f0234447_20593626.jpg


大漁旗を掲げた漁船が行き交う活気ある港に戻って欲しい。


3/11の東日本大震災。
この日、大洗町は最大4.2mの津波に襲われました。
第5波まで続いた津波は、漁港の船や漁具、車などを押し流し、町ものみ込みました。

震災後に何度か大洗に行きましたが、それは悲惨な状況で、とてもカメラを向けられるような状況ではありませんでした。
さらに、追い討ちを掛けるような風評被害。

そんな震災から復興してがんばっている大洗で、「がんばっぺ大洗 海・山復興まつり」が開催されるということで行ってきました。


f0234447_20595879.jpg


イベントは、磯囃子会による迫力ある太鼓の演奏で始まりました。
開始時間早々から多くの人で賑わっていました。


f0234447_2101914.jpg


大洗で水揚げされたホッキ貝はなんと5個で100円という破格の値段。


f0234447_2104154.jpg


大洗漁協婦人部の”かあちゃん”たちがネットに入れていく傍から、飛ぶように売れていきます。
すごい人気で途中で足りなくなり、イベント時間中にも漁に出て採ってきたそうですよ。


f0234447_211659.jpg


で、これが大洗で採れたホッキ貝のフライ
味わいも歯ごたえもGood。


f0234447_2112986.jpg


ホッキカレー。すっごくおいしかった。(^-^)♪
全然ホッキ貝が見えてないんだけど、中にたっぷり入ってます。

早い時間帯だったので、ホッキカレーがなかなか販売開始にならなくて・・・
売り場の前で待ち続けて、一番乗りで買いました(笑)


あと、お昼ごはん用に大洗漁協婦人部の方が作った「ホッキ飯」も購入。
これもホッキ貝の旨みがご飯に染みこんでおいしかった。
正直、これでお酒が飲めました(^-^)


f0234447_2115878.jpg


新鮮な魚も並んでいました。
ワラサと太刀魚。


f0234447_2122811.jpg


干物もありました。
大洗は干物作りが盛んなところなんですよ。


f0234447_2131435.jpg


他にも、お腹を刺激するいい香りがたくさんありました。(笑)


f0234447_2135466.jpg


Punky Trip Cafe」さんも大人気♪
「じゃコロッケ」と「じゃコロッケバーガー」は是非一度お試しを♪
おススメです。


f0234447_18503877.jpg


海の幸はもちろんですが、大洗は行くたびに新たな発見があってなかなか興味深いところなので、これからも通いそうです。
海水浴シーズン頃にはもっと元気になっていることを願ってます!
がんばっぺ!大洗。



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-05-05 21:32 | 大洗
2010年 10月 23日

酒米「渡船」の収穫祭に行ってきました!

f0234447_2039622.jpg


すっかり秋らしい空になった10/17の日曜日。
「渡舟」の醸造元である府中誉株式会社が主催の酒米「渡船」の収穫祭に行ってきました。

今回は、今年の田植えの際に意気投合した「渡舟」大好きメンバー総勢6名との参加です。


f0234447_20393225.jpg


黙々と作業する「渡舟」大好きメンバー。
昨晩の前夜祭でも結構飲んだのに(笑)、すっごく真剣に取り組んでいます。
普段やらない慣れない作業に加え、今年はちょっと田んぼがぬかるんでいたので、足を取られたりして大変そうでした。

僕はいろんな事情で写真撮影に専念していたので・・・ちょっと肩身が狭い思いを(笑)


f0234447_20395258.jpg


順調にオダ掛けをしていたと思ったら、オダが倒れそうになるアクシデント発生!
でも、農家さん、参加者のみんなで力を合わせて乗り切りました。
素晴らしい!
この経験をした方々は、この時の話題を肴にしながら、このお米で醸される「渡舟」を飲めるんですよねぇ。
きっと一味違うと思いますよ。


f0234447_2040953.jpg


そしてお待ちかねのお食事会♪
本日飲めるお酒は6種類。
「渡舟」を一度に飲み比べできる機会って、ここでしかありません。
乾杯は「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り」で!


f0234447_20403065.jpg


注目は3番目に出された「H18BY 渡舟 大吟醸 4年熟成 斗壜取り」。
非売品なので、ここでしか飲めないスペシャルな「渡舟」。
H21BYの大吟醸と比べると、それぞれのうまさはもちろんのこと、特徴の差が歴然。
メンバー一同納得のうまさで、おかわりをお願いしましたが、残念ながら残ってませんでした(笑)

写真はH21BYの大吟醸です。
この時ばかりは、写真を撮るのも忘れて飲みまくってましたので(笑)
やっぱり、酔っていたんでしょう・・・なんだか写り位置がイマイチですね(^-^;


f0234447_20404781.jpg


お料理もおいしものが勢揃い。
今回の一番人気が「お芋の甘味噌がらめ」。
この味噌味が「渡舟」とも合う合う・・・
取り皿にもらってきても、次々と手が伸びてあっという間になくなっちゃうぐらい。


f0234447_2041466.jpg


秋刀魚塩焼き、原木しいたけの炭焼き、ローズポークの炭&鉄板焼きも。
地元野菜のけんちん汁と新米こしひかりのおにぎりは、今回もおかわりしちゃいました♪


f0234447_20414364.jpg


石岡の地元の方が石岡囃子の笛、「ひょっとこ」と「きつね」を演奏して下さいました。
軽快で明るい石岡囃子で場の雰囲気も盛り上がりました。
社長の山内さんも負けじと「おかめ」を演奏!
皆さんから拍手喝采を受けていました。


このイベントは、石岡、そして茨城の酒と食の魅力を体感できるものだと思います。
日本酒好きな方はもちろん、そうでない方も清酒「渡舟」の魅力を知っていただく良い機会だと思います。


次は来年の春の田植え。
今回稲刈りしたお米がお酒になって、それを飲むことができます。
今から楽しみで仕方がありません♪

みなさんも来年は参加してみませんか(^-^)♪

茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-10-23 20:50 | 石岡
2010年 09月 29日

黄金色に染まった「渡船」の田んぼと彼岸花~石岡市~

f0234447_20334765.jpg


台風一過で午後から晴れた土曜日。
石岡市太田にある田んぼに行ってきました。
この記事で紹介した春に田植えをした田んぼです。

この田んぼでは、同じく石岡にある府中誉株式会社で醸される日本酒「渡舟」の原料となる酒米「渡船」が栽培されています。


f0234447_20341185.jpg


畦には彼岸花が咲いていました。
周りの食米の田んぼは、稲刈りもすっかり終わってしまっている状態。
酒米「渡船」は他の米より、約1ヵ月も収穫が遅いんですね。


f0234447_20343423.jpg


「渡船」の穂先にはヒゲ状のものがありますね。
これは芒(ノゲ、ノギ、ボウ)というもので、品種改良がなされていない、野生に近い品種の稲に見られるものだそうです。


f0234447_20352143.jpg


春に植えた苗が成長して、こんなにたわわに実りました!
これが全部お酒になるんですね・・・ムフフ♪(笑)

でも、お酒にする前には、まず稲刈りをしなければいけませんね!

というわけで、酒米「渡船」の収穫体験・食事会が10月17日(日)午前11:00から開催されます。

みんなで鎌で稲を刈り、オダがけをします。
昨年、初めて体験しましたが、結構楽しいですよ♪
初心者だって簡単にできちゃいますから。

収穫の後は、新鮮な地元食材を使った農家さんの手料理で「渡舟」を堪能できますよ。


申し込みは10月13日までですが・・・予定人数になり次第締め切りになるそうなのでお早めに!
詳細は府中誉さんのブログでご確認下さい。


一緒に飲みませんかぁ(^-^)b
あれ?今回は飲めるのか!!??



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-09-29 20:41 | 石岡