茨城お散歩

ibaraki3po.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 26日

1日も早く温かい食事ができることを祈って~ロケットストーブのご紹介~

f0234447_19165115.jpg


リンクしていただいているeithbedさんのブログイギリス ウェールズの自然なくらし「ロケットストーブ」というものが紹介されていました。
被災地で役立つ情報だと思いましたので、ご紹介したいと思います。


被災地でも手に入れられる可能性がある瓦を使って、30分程度の時間で作ることができる「ロケットストーブ」。
ライフラインが十分に復旧していないところでも、調理や暖をとる為に役立つと思います。
被災されている方、今後ボランティア活動を予定されている方に是非知って頂ければ幸いです。


考案者の焚き火小屋の備忘録のnature21-plusさんの紹介記事はこちら。

・瓦を使ったロケットストーブ
http://nature21.exblog.jp/14417211/

・一斗缶を使った災害対策用ロケットストーブ
http://nature21.exblog.jp/14436514/


瓦のロケットストーブの作り方を、漫画でやさしく解説してくださっている山の子の高橋はるのさん。

・特別編 <被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>
http://tharuno2.exblog.jp/12295855/

f0234447_19192252.jpg



瓦のロケットストーブを使って、実際に調理をされているカエルスキーの毎日のkaeruskiyさん。

・ご飯を瓦のロケットストーブで⑥
http://kaeruskiy.exblog.jp/12296386/


被災地ではまだ十分に食事に行き渡っておらず、温かいものを口にすることができていない方もたくさんいらっしゃいます。
被災後はじめての温かい食事を、涙を流しながら食べている方の姿をテレビで見たときは、胸が締め付けられる思いでした。
そして、この「ロケットストーブ」が被災地の方々の役立ったら、どんなにいい事だろうと思いました。


「ロケットストーブ」を考案した焚き火小屋の備忘録のnature21-plusさんは、3/12(震災翌日)に紹介されていた記事で、次のようにおっしゃっています。

<前略>「もの」を送る以前にするべきことがあるように感じられ、これにどうすべきかを考えてみた。つまり、災害の現地におられる人々に即効性をもって役に立つと思われる知恵とはなんだろうと…。

こういった生きる術を持った方が、今回の地震災害で被害にあわれている方の為に役立つことは何かを考えて紹介している姿勢に、驚きと尊敬の念を抱きました。

また、それに共感して自分なりの方法で伝えようと努力している方たちがいる。

みなさん、素晴らしいなぁ。
僕も今自分が出来ることを考えながらやっていきたいと思います!


*この記事で使用した写真・漫画は、山の子の高橋はるのさんのブログからお借りしました。


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-03-26 19:26 | その他
2011年 03月 15日

東北地方太平洋沖地震について

f0234447_20242130.jpg


東北地方太平洋沖地震。
想像を絶する事態です。

皆様のご家族はご無事でしょうか?
私の方は、妹家族が宮城県で被災し、心配しておりましたが無事が確認できました。
連絡が取れるまでは安否がわからず、不安な日が続きました。
まだご家族の安否がわからない方々が、どれだけつらい想いをされているかと思うと・・・本当に心が痛みます。


私の住んでいる地域も、今まで経験したことのない揺れがありました。
本当に恐怖で、一瞬ですが「死」の可能性が頭をよぎりました。

職場では、窓ガラスが割れ、棚から書類が落ち、天井からエアコンが落ち、足の踏み場ない状況になりました。
自宅も、物が散乱し、壁のクロスがいたるところで裂けていました。

これを書いている現在でも、まだ水道が止まったままです。
水を頂くだけでも、多くの方の温かい支援を頂いているのを実感しています。
でも、電気、ガスが復旧し、家、職場の片付けも見通しが立ってきたので、少しづつ落ち着いてきました。

私に限っていえば、東北地方で被害を受けている方からすれば、比較にならないほど軽い被害です。
*あまり報道はされていませんが、茨城県も大きな被害が出て、多くの被災者がいます。


余震の恐怖、原発の不安は残っていますが、一刻も早く通常の生活に戻り、一刻も早く甚大な被害を受けている方々に手を差し伸べる側にならなければならないと思っています。

みなさん力を合わせてがんばりましょう!


最後になりましたが、

今回の東北関東大震災において、亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げます。
また、依然として安否不明の方々、救助を待つの方々の多くの命が一刻も早く救われることをお祈りいたします。


[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-03-15 20:30 | その他