<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 28日

忘れ物を取りに真壁へ・玉子入り焼きそばとラムネ【田中商店】

f0234447_22581028.jpg


桜川市の真壁町に行ってきました。
以前行った「来楽庵」さんに忘れ物を預かって頂いていたので、それを取りに行くというのが1つの目的。

そしてもう1つの目的は、田中商店さんの「玉子入り焼きそば」を食べることです。
実は、大の焼きそば好き。(^-^)
おいしい焼きそばがると聞けば、行きたくてうずうずしてきます。


f0234447_22563950.jpg



お店に入って奥の席に座り、迷わず「玉子入り焼きそば」を注文。
あと・・・


「ラムネも2本いただきま~す」

「は~い。どうぞ~。」


お店の入口を入ってすぐにのところにある大きな冷蔵庫から、ラムネを2本取って席に戻る。
ビー玉を落として、慌てて口をつけるが間に合わずにラムネがこぼれる。
あれ?こんなに難しかったっけ?

お店のご主人が

「こぼれちゃった?大丈夫?」

と布巾をもってきてくれました。


「ごめんなさい。床を汚しちゃいました。」

「あ、ここはいいよ。大丈夫。」


申し訳ないなぁ・・・と反省しつつ、ラムネを飲む。
夏になると、なつかしさで必ず飲みたくなるラムネ。
子供の頃は、あのビー玉をどうやって入れたのかが不思議で不思議でたまらなかったけ。


f0234447_22593228.jpg



これが「玉子入り焼きそば」。
目玉焼き(ちゃんと黄身が2個!)が焼きそばの上に乗っていて、その上にソースが・・・食欲をそそります。

「おいしそうに撮ってよ~」とご主人。
どうでしょうか?(笑)
大丈夫だったかな(^-^;


f0234447_231125.jpg



目玉焼きの下には、刻んだ魚肉ソーセージと白ゴマ。
麺と一緒に炒められている具はキャベツ。
一般的な焼きそばと比べると、麺がちょっと独特な食感です。
う~ん、なんだか素朴で懐かしい味。


f0234447_23278.jpg



この日は梅雨の合間の蒸し暑い日でした。
焼きそばをほうばりながらラムネを飲み、額の汗を拭っていると、外からすっと風が入ってきました。
涼しさとともに、なんだかとても懐かしい気分になりました。


僕が子供の頃の昭和50年代。
まだ冷房なんて一般的じゃなくて、夏の暑い日でも汗をかきながら外で遊んでいました。
時々、親からお小遣いをもらって、田中商店さんのようなお店に行き、アイスを買って食べたりしていたことを思い出しました。


忘れていたあの頃の時間を思い出させてくれる・・・そんな気分にさせてくれたお店でした。



田中商店
住所:茨城県桜川市真壁町真壁198
TEL:0296-55-0423


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-28 23:10 | 桜川市
2010年 06月 22日

時期はずれの筑波山梅林と日本一の親子丼

f0234447_22522429.jpg


真壁からつくばに向かう途中、筑波山梅林に立ち寄りました。

筑波山梅林は筑波山の中腹にある市営の梅林で、白梅、紅梅、緑がく梅が植えられています。
2月中旬から3月末頃までは、梅祭りが開催されているそうです。
http://www.umematsuri.jp/


この梅林の一番上には「展望あずまや」があります。
梅の時期からははずれていましたが、筑波山中腹からの景色は素晴らしかった。
眼下に広がる田園風景の緑がとても心地良く感じました。


f0234447_22544998.jpg



富士山も天気が良ければ見えるそうですが・・・


f0234447_2256188.jpg



う~ん、ちょっとこの日はダメでしたね。

さて、いい景色を見るとお腹が減ります(笑)
という訳で、友人が「おいしい」と言っていた親子丼を食べに行きました。


f0234447_22571271.jpg



「日本一の親子丼」です。
これがおいしいかった♪
半熟加減が絶妙のとろとろ卵と比内地鶏のもも肉の食感、そして噛むほどに口に広がる比内地鶏の味。
たれも自分好みの濃さで、とてもおいしく頂けました♪


この「日本一の親子丼」は「さむらい 学園店」で食べることができます。
茨城県内にチェーン展開している「ばんどう太郎グループ」の系列店なんですね。


比内地鶏 さむらい 学園店
住所:茨城県つくば市桜1丁目23-6
電話:029-850-6751
営業時間:11:00~22:00(金・土・祭日の前日は23:00まで)


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-22 23:01 | つくば
2010年 06月 13日

筑波山の麓で生まれた和

f0234447_22223367.jpg



週末は、筑波山の麓にある桜川市真壁町の「来楽庵」さんに行ってきました。

「来楽庵」さんは、そば打ちやハム作り、陶芸や石彫りなどを体験することができ、宿泊施設することもできるで施設です。
演奏会なども開かれているようです。
また、土日祝日には「蕎麦処 来楽庵」も営業しています。


f0234447_22235213.jpg



ここに集まった理由。それは・・・
以前の記事で紹介した渡船の田植えの時、食事会で意気投合した方々と、

「お気に入りの日本酒を持ち寄って、みんなで飲めたら楽しいんじゃない?」

という話になったことがきっかけ。
約1ヶ月間の綿密な打ち合わせと、準備期間を経ての開催となりました。

日本酒をこよなく愛する6人が、それぞれのお気に入りの日本酒を持ち寄っての飲み会・・・待ち遠しく、もどかしく、楽しみで仕方がありませんでした。


f0234447_22252083.jpg



まずお目見えした3本。
左から、「大吟醸 喜久泉(西田酒造店・青森県)」、「開運 純米生無濾過(土井酒造場・静岡)」、「渡舟 濾過前五十五 限定原酒濾過前取り(府中誉・茨城)」、そして「キリンレモン」。


f0234447_22261871.jpg



Dちゃんがさばいてくれたホウボウとイサキのお刺身とアジのなめろう。
包丁さばきも素晴らしかった。


f0234447_22271620.jpg



KちゃんとFちゃんおすすめの豆腐専門店十二屋さんの湯葉。


f0234447_22282053.jpg



僕たちはローズポークの味噌漬け(渡舟の酒粕入り)などなど・・・この他にも持ち寄った料理が勢揃い。

おいしい料理でお酒が進む進む。
あっという間に瓶が空いていきます(笑)


f0234447_2230584.jpg



続けて登場したのが、左から「赤福助 特別純米生もと仕込辛口(杉勇蕨岡酒造場・山形県)」、「繁枡 雄町特別純米酒(高橋商店・福岡県)」、「〆張鶴 純(宮尾酒造・新潟県)」。


この会のために選ばれたお酒。
それぞれに特徴があって、旨さがあって・・・
「うまい!」「おいしい!」という笑顔があれば、そのお酒を選んできた人の笑顔あり。

「 和をもって醸し出された酒は、人と人の和やかな絆をも結び合う 」

まさに「 和醸良酒 」だなぁなんてことを思いながら、筑波山麓の夜は静かに(?)更けてゆきました。


そうそう、新たな出会いもありました。
「来楽庵」のご主人のお心遣いもあって、サックスを演奏されるTさんが生演奏を披露して下さいました。
JAZZを聴きながらの日本酒も格別でした。


さてさて、次の会はいつになるんでしょうか?
今から楽しみで仕方がありません(笑)

茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-13 22:36 | 桜川市
2010年 06月 06日

虹とあんみつ【栗の家】

f0234447_8162215.jpg


笠間からの帰り道で見た虹です。
こんなにはっきりとした大きなアーチ状の虹を見たのははじめてでした♪
自然が創り出す美しさと瞬間にちょっと感動しました。
(写真はもっと上手に撮れるようになりたい(苦笑))

昨日は朝からお天気が安定しなくて、気圧変化に弱い僕は、イマイチお出かけする気になれなかったのですが・・・
「おいしい日本酒でも買いに行こう♪」ということで話しがまとまり、お気に入りの酒屋さんその2に行くことになりました。(笑)

その途中、ちょっと寄り道して、笠間市(旧岩間)にある「栗の家」さんに行ってみました。


f0234447_8181512.jpg



「栗の家」さんは、栗で作ったお菓子で有名なお店で、土日祝祭日のみの営業です。
新栗の出る季節から秋などは大勢の方が訪れて、なかなか入れないぐらいです。(実際、今までも何度か断念していました。)
また、第3日曜日には骨董市も開かれていて、こちらも人気のようです。


f0234447_8192150.jpg



建物は築100年以上を経た豪農屋敷を移築した建物。
入口にあった案内板を見ると、この建物は南川根村の村長だった小沢福次郎という方が建てたものだそうです。
南川根村は、昭和29年に岩間町と合併し、その後平成18年に岩間町は笠間市と合併しています。

ちなみに、この小沢福次郎さんという方は、南川根村の村長時代に栗の栽培を奨励したそうです。
茨城は栗の生産量日本一ですが、特に旧岩間町は農家の約4割が栗を生産しているそうです。
それが現在の「岩間の栗」の評価と、茨城の栗の生産量日本一に繋がっているのでしょう。


f0234447_82027.jpg



あ、こんなところで栗発見!(笑)


f0234447_8205514.jpg



僕が食べたのは「あんみつ」(笑)
栗じゃないんです・・・なんとなく。
おいしかったですよ。


f0234447_8222039.jpg



こちらはお持ち帰りした「栗まん」。
これはすごく僕好みの味でした。
また買いに行こう♪



栗菓子 栗の家
住所:茨城県笠間市土師1285
電話:0299-45-5124
FAX:0299-45-5217
営業日:土、日、祝日
営業時間:午前10時00分~午後5時00分

*毎月第3日曜日は骨董市(午前8時~午後3時)が開催されます。



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-06 08:26 | 笠間
2010年 06月 01日

駅弁を求めてドライブ【大洗】

f0234447_0533766.jpg


駅弁を求めて大洗駅に行ってきました。
目的は「駅弁」のみ・・・です。はい。(笑)


鹿嶋臨海鉄道・大洗鹿島線の大洗駅で売っている駅弁がおいしいということで、一度食べてみようということになったんです。


なんでも、これまでに何度かテレビなどでも紹介されているんだとか。
しかも、駅弁のためだけにわざわざ足を運ぶ人もいるほどだっていうんですから・・・期待しちゃいますよね♪


f0234447_056295.jpg



こちらが、「ダイダラボウのはまぐりめし」です。
竹かごに入っていて、雰囲気もイイ感じです。
僕は無類の貝好きなので、こちらを食べたかったのですが、どうしても相方が食べたいというので、泣く泣く譲りました(笑)


f0234447_0574336.jpg



煮はまぐりがたっぷり。
ちょっと分けてもらったのですが、噛んだときの歯ごたえも、味もGood!
もっちりとしたおこわとの相性もバッチリでしたよ。


このお弁当の名前にある「ダイダラボウ」は奈良時代の常陸国風土記に出てくる巨人です。
「ダイダラボウ」体が大きく、手を伸ばして海辺の貝を獲っていたそうです。
そして、その食べた貝の貝殻が積もったものが「大串貝塚」になったといわれています。
この話しを元に「ダイダラボウのはまぐりめし」が作られたそうです。

この大串貝塚ですが、文献に記録されたものとしては世界最古の貝塚なんだそうです。
現在は、貝塚周辺が「大串貝塚ふれあい公園」として整備されています。


f0234447_059615.jpg



「三浜たこめし」(さんぴんたこめし)です。


f0234447_10715.jpg



こちらも、たっぷりのタコ!
蓋を開けただけでタコの香りが鼻をくすぐります。
そして、タコと一緒に炊き込んだごはんは、ほんのりタコの色がついて、目にも舌にもおいしいお弁当です。


ちなみに、「三浜(さんぴん)」とは、大洗周辺の三浜地区(大洗、那珂湊、平磯)のことです。
この地区は昔からタコの加工品日本一と言われているらしいのですが、そのPRを兼ねて開発されたそうです。


今回食べた2つ以外にも「磯節弁当」というのがあって、こちらもおいしいと評判のようですね。


f0234447_114773.jpg


今回ご紹介したお弁当は、鹿嶋臨海鉄道・大洗鹿島線の大洗駅とアクアワールド大洗で買うことができます。
写真は大洗駅の売店です。


僕たちが買いに行った時、同じように車で来てお弁当を買って帰った方がいらっしゃいました。
午後には売り切れてしまうこともあるそうです。
やっぱり、結構人気があるんですね。


機会があれば是非ためしてみてくださいね。



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-01 01:08 | 大洗