茨城お散歩

ibaraki3po.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 20日

酒米「渡船」の田植えに行ってきました

f0234447_2342378.jpg


5月16日の日曜日。
晴天の空の青さと山の新緑の風景がきれいな日でした。
そんな気持ちのいい日に、石岡市(旧八郷町)太田地区にある田んぼで行われた、酒米『渡船(わたりぶね)』の田植え会に参加してきました。
以前紹介したこちらの記事で紹介した善光寺があるとことです。


このイベントは、清酒「渡舟」でおなじみの石岡市の酒蔵「府中誉株式会社」が主催しているイベントです。
僕たちは昨年から夫婦で参加していますが、田植えも、その後の食事会も楽しいので、今年も参加することにしました。


今回は総勢約200人の渡舟ファンが集まりました。
あ、未来のファン候補のお子様も含めてです(笑)


f0234447_2334016.jpg



いつもながら軽快なトークの山内社長の挨拶、渡船を栽培してくださる農家の代表をされている谷仲さんから田植えの説明があります。

なんでも苗は田んぼに深く植えるのではなく、浅く植える方が根がしっかり生えるんだそうです。
「収穫量=出来上がるお酒の量」になるわけですから、収穫量を減らすわけにはいきません(笑)
キモはしっかり押さえて、いざ田んぼに入ります。


f0234447_2344211.jpg



さぁ、田植え開始。
田んぼに入る瞬間、なぜかみんな笑顔です。
気持ちいいんでしょうか。


f0234447_2345742.jpg



にわか農家のみなさん真剣です。


f0234447_2351442.jpg



こんな感じで植えてます。
大丈夫!?


f0234447_2353011.jpg



ほら、きれいに植えられたでしょ(笑)


f0234447_236195.jpg



足を洗ったら・・・


f0234447_2362336.jpg



待ってました!のお食事会。
乾杯のお酒は、今日のために特別に壜詰めした「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り」。


f0234447_2364430.jpg



続いて振舞われたのが、「H21BY 渡舟 純米大吟醸 斗壜取り”おり酒”」。
これがすこぶる評判が良く、同席した方々も絶賛してました。

社長にお話しを伺ったところ、一升瓶で10本程度しか取れないそうで・・・そのうちの6本が当日振舞われました。


f0234447_237387.jpg



残念ながら、僕はドライバーなので飲めません(笑)
本当に悔しいんですが、春は我慢です。
秋が僕が飲める番なのですが・・・でも、”おり酒”はないよなぁ(涙)
というわけで、僕は仕込み水で♪


f0234447_2372736.jpg



農家の方々が揚げてくださった天ぷら。
近所で採れた新鮮な「たけのこ」「うど」「柿の葉」「みつば」「山芋」など。

どれも素材の味がしっかりしておいしい。
特に山芋の天ぷらがおいしかったなぁ。

手前の「フキの煮物」もおいしかったし、おにぎりも二つも頂いちゃいました。


おいしい空気とおいしいお酒と料理。
穏やかで幸せな日曜日のひとときを過ごすことができました。


そしてもう1つ嬉しかったこと。
それは、今回意気投合して仲良くなれた方がいたことでした♪
今年は楽しいことが増えそうな予感がします。



秋には稲刈りがあります。
府中誉さんのブログで告知されますので、興味をもたれた方は是非参加してみませんか?
そして一緒に飲みましょう(^-^)



府中誉株式会社
住所:茨城県石岡市国府5丁目9-32
電話:0299-23-0233
FAX:0299-23-0234
URL:http://www.huchuhomare.com/


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-20 23:09 | 石岡
2010年 05月 10日

土づくりから生まれた美味しいヨーグルト&チーズ【石岡鈴木牧場】

f0234447_22425728.jpg


石岡市にある石岡鈴木牧場さんに行ってきました。


f0234447_2244840.jpg


f0234447_22445561.jpg



以前の記事で、「もう1つ石岡産のものがあるのですが・・・」と書いたのは、石岡鈴木牧場さんで作られた「モッツァレラチーズ」だったんです。


f0234447_231335100.jpg



「石岡鈴木牧場ヨーグルト」は時々買って食べていました。
ミルクのまろやかな甘みが、グレープフルーツなどのフルーツと好相性なんです。


f0234447_23145987.jpg



ある日、いつものようにヨーグルトを買おうと思ったら、見覚えのある牛の顔のシールが貼られた見慣れないものが・・・
それが「モッツァレラチーズ」でした。
これが本当においしいモッツァレラチーズで、言葉でうまく伝えられないのがもどかしいぐらい(笑)
「乳」の味が濃いというかミルキーなジュースがたっぷり詰まっているんです。
一度食べてから(ちょっと高めだけど)ハマっちゃいました。


で、「こんなにおいしいものを作りだしているところは、どんなところだろう?」と確認したくなって、石岡に車を走らせた次第です。


f0234447_22534377.jpg


f0234447_2301872.jpg



石岡鈴木牧場さんは、国道6号方面から走ってくると柏原工業団地を過ぎたところにありました。
車を降りて気づいたこと・・・それは全然臭くないことです。

牛や豚などを飼っているところの前を通るとするアノ臭いって想像できますよね。
アノ臭いが全くしません。
車を停めて降りたところと牛舎はホントに目と鼻の先なのに。

奥様にお話しを伺ったところ、

「土づくりからはじめてて、良い土で作った草を食べると、糞が臭くないんですよ。」

とおっしゃってました。
これは本当に驚きました。


ヨーグルトとチーズを購入した後、「私たちの考え方が書いてあります。」と言って、ヨーグルトの広告と新聞記事のコピーを下さいました。
そこには、

健康な牛をつくれば、良い乳が出る。
そのためには、餌になる草が育つよう、まず良い土を-、
このサイクルに徹底して、良質の牛乳をつくりました。


とあります。

まず良い土を作る為に、堆肥から作りから始めたそうです。
良質の土壌で、牛の餌となる牧草を作るところから始めたという訳です。


では、健康な牛は何がどう違うのかということになりますが・・・

牛は子牛を生んでから牛乳(生乳)を出すようになります。
通常の効率を求められた乳牛は5~6年間、妊娠、出産、搾乳、乾乳(次の出産の為に乳搾りをしないこと)を2~3回繰り返すのだそうです。
その後は・・・乳牛としての価値が低くなるそうです。

一方、鈴木牧場さんの牛たちは、効率より健康を優先。
これにより1頭当たりの乳量は減ってしまうそうですが、乳を出す期間も一般的な乳牛に比べて長く、9~10回の出産を繰り返すそうです。

あのヨーグルトとチーズのおいしさは、病気知らずのとびきり健康な牛の出す牛乳であることに間違いないですが、元を辿れば「健康な良い土」が全ての始まりなんですね。


f0234447_235577.jpg


f0234447_237918.jpg



飼われている牛を見させてもらいました。
心地よい風が吹くなかで、牛たちはゆったりとしていました。
唯一、怪しい僕たち(笑)に警戒している犬だけが、一生懸命吠えてました。
いい仕事してます(笑)


f0234447_238356.jpg



4月に生まれたばかりの子牛くん。
話しかけたら(笑)寄って来て顔を出してくれました。
つぶらな瞳がかわいい。


f0234447_23101572.jpg



隣の子牛とも仲良し♪


f0234447_22482685.jpg



猫がお出迎えと見送りをしてくれました(笑)
人なつっこくてかわいい♪


f0234447_23121034.jpg



で、帰ってきてから食べました。
オリーブオイルとの相性が抜群にイイです。
乳の甘みが膨らみます。
お皿に残ったモッツアレラチーズの残り汁とオリーブオイルの混ざったものも・・・すっごくおいしいんですよ(^-^)


僕は、このようなものが茨城で作られていることがうれしいですね。
地元の自然と高い志と技を持った人たちの生み出すものを、僕は微力ながら応援していけたらいいなと思っています。


石岡鈴木牧場のヨーグルトとチーズは、茨城町にあるポケットファーム どきどきで購入できます。
興味をもたれた方は是非お試し下さい。

また、旬の食卓茨城 楽天市場店でも購入することができます。
石岡鈴木牧場のヨーグルトとモッツアレラチーズのご購入はこちら


石岡鈴木牧場
住所:茨城県石岡市大砂10383-1
電話:0299-23-1730
FAX:0299-23-1730


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-10 23:17 | 石岡
2010年 05月 07日

地魚漁師市でおいしい蛸を手に入れました【那珂湊漁協直売所】

f0234447_21261541.jpg


5/1(土)に那珂湊港で行われている地魚漁師市に行ってきました。


地魚漁師市は、那珂湊漁協が毎週土曜日の13時から開催しています。
地元の漁師さんが獲った、新鮮でおいしいお魚を格安で手に入れることができるので、最近気に入って行っています。
ロハスな副店長さんがブログで最新情報を紹介しています。(こちら)


この日はゴールデンウィークだったので、「那珂湊おさかな市場」に行くお客さんの車で、周辺道路は大渋滞(>_<)
いつもは車を横付けして買えるのに、この日は近くに車を停めることもできず、ちょっと離れたところに停めて歩きました。


開店時間が近づくと、どこからともなく人が集まりだします。
漁協の方の準備が終わるまで、みんで遠巻きにして待っている様子がちょっと笑えました(笑)


f0234447_212751.jpg



お気に入りはサンマの干物。
日本酒にぴったりなので迷わず購入。
連休中のバーベキューで炭火で炙ったものを友人に食べてもらったのですが、大絶賛でしたよ。


f0234447_21274798.jpg



蛸です。
常連ぽい方が、「これ、おいしいんだよ。」って教えてくれたので、衝動買い(笑)
「こういうのがおいしいんだよ。」って選んでくれました。
丸々1匹です。


f0234447_21293892.jpg



お刺身で食べました♪
歯ごたえがあるのに、やわらかく、味が濃い蛸です。(常連さん教えてくれてありがとう!!)
日本酒にぴったりでした。

奥に写っているのは、「イイダコ(飯蛸)」。
実は笑っちゃうぐらい失敗しちゃって・・・。
「塩でヌメリを取って茹でる」っていうのは聞いたので、それはちゃんとやったのですが・・・
墨袋を取るなど下処理をちゃんとやらなかったんです。
「あれ?随分黒い水がでるなぁ。」なんて(笑)
で、茹でた後から包丁で切って取ったんですが、爪の中まで真っ黒になりました。
ちゃんと調べてから調理すればよかった・・・いやぁ、勉強になりました(^-^;


f0234447_21302174.jpg



ちなみに、合わせた日本酒は「渡舟 濾過前五十五 限定原酒濾過前取り」です。
地酒蔵きなせ」さんの限定品。


f0234447_2130598.jpg



次の日に「蛸飯」も作ってみました。


f0234447_21314696.jpg



「マコガレイ」も購入。


f0234447_21545155.jpg



煮付けにしてみました。
おいしかったぁ。


f0234447_21322697.jpg


f0234447_21325470.jpg



上は「ヒラツメガニ」、下は「キス(カナガシラ)」というお魚だそうです。
ホウボウだと思った。
他にも、獲れたて&新鮮な魚がたくさんありました。


明日(5/8)は・・・目玉商品があるみたいですよ(^-^)


しかし、「ロハスな副店長」さんてどんな人だろう。
カメラ持って自転車乗ってきた人かな?
気になる(笑)



地魚漁師市
住所:茨城県ひたちなか市和田町3-11-11(地方卸売市場内)
電話:029-263-6311
営業時間:13:00~
URL:
http://jf-nakaminato.blogspot.com/




茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-07 21:42 | ひたちなか
2010年 05月 05日

初めて行ってみました!笠間の陶炎祭(ひまつり)

f0234447_2334151.jpg



4/29に笠間の陶炎祭(ひまつり)に初めて行ってきました。


陶炎祭(ひまつり)は毎年4月29日から5月5日に開催されている陶器のイベントで、今年で29回目になります。
笠間芸術の森公園のイベント広場に、200軒以上の陶芸家・窯元や販売店が集まります。


ゴールデンウィークの連休中の笠間は、陶炎祭(ひまつり)で混むイメージがあって、これまで避けていました(笑)
でも、日本酒を楽しむようになってから、時々酒器を買い求めに笠間に行くことが増えたこともあって、今年はあえて行ってみようということになりました。
まだお気に入りの作家さんがいるわけではないので、新たな出会いにも期待したかったんです。


f0234447_2337449.jpg



町田 幸さんという作家さんの猪口を買いました。
会場全体を2週して(笑)、ようやく決めました。
勉強不足でわからないのですが、これは青白磁というのでしょうか?
自然な水色と透明感がとても気に入っています。
実際にお酒を入れるとおいしそうに見えます。


f0234447_2340097.jpg



猫好きの僕たちが思わず買ってしまった箸置き。
小堤晶子さん(oz.factory)の作品です。


f0234447_23424329.jpg



ほんとにかわいい♪

・oz factoryさんのHP
 http://www.ne.jp/asahi/oz.factory/hello/


やきもののことは全然詳しくないし、興味を持ち始めたばかりだけど、いろいろな作家さんの作る笠間焼は見ていて飽きませんでしたね。
笠間焼と言っても、作り手が違うと全く違う性格を持っている感じで、奥深さを感じました。


陶炎祭(ひまつり)・・・いいかも♪
来年も行こうと思います。


f0234447_23451571.jpg


笠間の陶炎祭(ひまつり)公式ホームページ
http://www.himatsuri.net/


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-05 23:49 | 笠間
2010年 05月 04日

山のパン屋さんを発見【パン工房 歩風里】

f0234447_10365683.jpg



駒村清明堂さんからの帰り道を走っていると、気になる看板を発見!
無農薬手ごねパン「パン工房 歩風里(ぽぷり)」とあります。


でもね、こんなところにパン屋さんがあるの?というのが正直な感想。
だって、看板の矢印の指す道は、どう見ても今降りてきた山の方へと向かう道。
ちょっと不安になります。
でも、気になったままでは収まりがつかない性分なので、矢印に従ってハンドルを切りました。


すると、不安は的中です(笑)
看板には約1.5kmほど進んだところの場所と書いてあるのですが、進めど進めど・・・パン屋さんらしき建物は出てきません。
周りの景色を見ても、この先に本当にパン屋さんがあるの!?と不安になります。


f0234447_10384781.jpg



「あれ?道間違っちゃったかな?」
そんな僕たちを裏切るかのように現れたのがこの看板。
ありました。観光地でもない山奥にパン屋さんです。
「やってるよ」と書いてあるので、営業中のようです。
ほっと一安心。


それもつかの間、驚きはまだまだ続きます。
ドアを開けると、そこはまるで・・・普通のお宅の玄関のようで、なんとなくお店の雰囲気を感じません。
不安になった僕たちは一度玄関を玄関を出て・・・チャイムを鳴らしてみました(笑)
すると、中から「どうぞ~」の声がして、お店に招き入れて頂きました。


案内されたお部屋は、木のぬくもりを感じさせるログハウス風で、8名ほどが座れる楕円形のテーブルと薪ストーブ、そしてパンのショーケースが置かれていました。
そして、窓の外に目をやると、心地良さそうなテラス席がありました。
新緑の時期なんか、とても気持ちが良さそうです。


テーブル席に座り、シナモンシュガー(相方はアップルとシナモン)のパンと石臼で挽いたコーヒーを頂きながら、オーナーご夫妻にお話しを伺いました。
「パン工房 歩風里」は、ご自宅を利用して営業されているそうです。
石岡(旧八郷)には、定年前に東京から移り住んでこられ、新宿でドイツパン作りを学んで後に現在のお店を開かれたそうです。

「『人生の楽園』に出てくるようなお話ですね」なんて相方が感想を言ったところ、実際にそういった話しもあったそうです。
ただ、「気に入ってずっと来ていただいているお客様にゆっくり過ごして頂きたいたい。」というのがご本心のようです。

いろいろとお話しを伺いながら、噛むと小麦の香ばしさと旨味が感じられるおいしいパンを食べ(お蕎麦を食べたばっかりだったけど)、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。


f0234447_1040871.jpg



また、お店の前の道を降りると沢があるということで、ご主人に案内していただきました。
来た時は気づきませんでしたが(笑)、水の流れる音が聞こえてきます。
ご主人は「朝起きた時、沢の音か雨が降っている音かわからない時があるんです」とおっしゃってました。
この時は見つけられませんでしたが、サワガニも住んでいるきれいな水の沢だそうです。
マイナスイオンをたっぷり浴びてきました。


f0234447_10225086.jpg



パン好きの相方がセレクトしたパンは、その日の夜と翌日の朝に頂きました。


f0234447_1022279.jpg



オリーブオイルとガーリックを塗って(のせて?)トースト。


f0234447_10204919.jpg



同じ石岡の府中誉さんの「ピュアいばらき 蔵なま 特別純米 府中誉」ともバッチリ合いました。
こんな食事でも日本酒って合うんですよ。
あと、写真にはもう1つ石岡産のものがあるのですが・・・お分かりでしょうか?
こちらは後日ご紹介したいと思います。(^-^)


f0234447_10194095.jpg



こちらは翌日サンドウィッチにしたカンパーニュ。
こちらもおいしく頂きました♪


「パン工房 歩風里」さんでは、パンは土日のみの販売で売り切れ次第終了。
ランチは1日1組限定(4名から)で予約が必要です。


この日はまさに「石岡づくし」の1日でした。
石岡の自然の恵みと技を堪能できたと思います。
石岡にはまだまだ魅力的な人、物がありそうな可能性を感じますね。



パン工房 歩風里(ぽぷり)
住所:茨城県石岡市小幡2004-18
電話:0299-42-3013
FAX:0299-42-3013
営業時間:午前11時00分~午後4時
     ランチ:午前11時00~午後2時00分(要予約)
     ※パンは土日のみ販売
定休日:不定休(TELにてご確認下さい)


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-05-04 10:43 | 石岡