カテゴリ:桜川市( 2 )


2010年 06月 28日

忘れ物を取りに真壁へ・玉子入り焼きそばとラムネ【田中商店】

f0234447_22581028.jpg


桜川市の真壁町に行ってきました。
以前行った「来楽庵」さんに忘れ物を預かって頂いていたので、それを取りに行くというのが1つの目的。

そしてもう1つの目的は、田中商店さんの「玉子入り焼きそば」を食べることです。
実は、大の焼きそば好き。(^-^)
おいしい焼きそばがると聞けば、行きたくてうずうずしてきます。


f0234447_22563950.jpg



お店に入って奥の席に座り、迷わず「玉子入り焼きそば」を注文。
あと・・・


「ラムネも2本いただきま~す」

「は~い。どうぞ~。」


お店の入口を入ってすぐにのところにある大きな冷蔵庫から、ラムネを2本取って席に戻る。
ビー玉を落として、慌てて口をつけるが間に合わずにラムネがこぼれる。
あれ?こんなに難しかったっけ?

お店のご主人が

「こぼれちゃった?大丈夫?」

と布巾をもってきてくれました。


「ごめんなさい。床を汚しちゃいました。」

「あ、ここはいいよ。大丈夫。」


申し訳ないなぁ・・・と反省しつつ、ラムネを飲む。
夏になると、なつかしさで必ず飲みたくなるラムネ。
子供の頃は、あのビー玉をどうやって入れたのかが不思議で不思議でたまらなかったけ。


f0234447_22593228.jpg



これが「玉子入り焼きそば」。
目玉焼き(ちゃんと黄身が2個!)が焼きそばの上に乗っていて、その上にソースが・・・食欲をそそります。

「おいしそうに撮ってよ~」とご主人。
どうでしょうか?(笑)
大丈夫だったかな(^-^;


f0234447_231125.jpg



目玉焼きの下には、刻んだ魚肉ソーセージと白ゴマ。
麺と一緒に炒められている具はキャベツ。
一般的な焼きそばと比べると、麺がちょっと独特な食感です。
う~ん、なんだか素朴で懐かしい味。


f0234447_23278.jpg



この日は梅雨の合間の蒸し暑い日でした。
焼きそばをほうばりながらラムネを飲み、額の汗を拭っていると、外からすっと風が入ってきました。
涼しさとともに、なんだかとても懐かしい気分になりました。


僕が子供の頃の昭和50年代。
まだ冷房なんて一般的じゃなくて、夏の暑い日でも汗をかきながら外で遊んでいました。
時々、親からお小遣いをもらって、田中商店さんのようなお店に行き、アイスを買って食べたりしていたことを思い出しました。


忘れていたあの頃の時間を思い出させてくれる・・・そんな気分にさせてくれたお店でした。



田中商店
住所:茨城県桜川市真壁町真壁198
TEL:0296-55-0423


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-28 23:10 | 桜川市
2010年 06月 13日

筑波山の麓で生まれた和

f0234447_22223367.jpg



週末は、筑波山の麓にある桜川市真壁町の「来楽庵」さんに行ってきました。

「来楽庵」さんは、そば打ちやハム作り、陶芸や石彫りなどを体験することができ、宿泊施設することもできるで施設です。
演奏会なども開かれているようです。
また、土日祝日には「蕎麦処 来楽庵」も営業しています。


f0234447_22235213.jpg



ここに集まった理由。それは・・・
以前の記事で紹介した渡船の田植えの時、食事会で意気投合した方々と、

「お気に入りの日本酒を持ち寄って、みんなで飲めたら楽しいんじゃない?」

という話になったことがきっかけ。
約1ヶ月間の綿密な打ち合わせと、準備期間を経ての開催となりました。

日本酒をこよなく愛する6人が、それぞれのお気に入りの日本酒を持ち寄っての飲み会・・・待ち遠しく、もどかしく、楽しみで仕方がありませんでした。


f0234447_22252083.jpg



まずお目見えした3本。
左から、「大吟醸 喜久泉(西田酒造店・青森県)」、「開運 純米生無濾過(土井酒造場・静岡)」、「渡舟 濾過前五十五 限定原酒濾過前取り(府中誉・茨城)」、そして「キリンレモン」。


f0234447_22261871.jpg



Dちゃんがさばいてくれたホウボウとイサキのお刺身とアジのなめろう。
包丁さばきも素晴らしかった。


f0234447_22271620.jpg



KちゃんとFちゃんおすすめの豆腐専門店十二屋さんの湯葉。


f0234447_22282053.jpg



僕たちはローズポークの味噌漬け(渡舟の酒粕入り)などなど・・・この他にも持ち寄った料理が勢揃い。

おいしい料理でお酒が進む進む。
あっという間に瓶が空いていきます(笑)


f0234447_2230584.jpg



続けて登場したのが、左から「赤福助 特別純米生もと仕込辛口(杉勇蕨岡酒造場・山形県)」、「繁枡 雄町特別純米酒(高橋商店・福岡県)」、「〆張鶴 純(宮尾酒造・新潟県)」。


この会のために選ばれたお酒。
それぞれに特徴があって、旨さがあって・・・
「うまい!」「おいしい!」という笑顔があれば、そのお酒を選んできた人の笑顔あり。

「 和をもって醸し出された酒は、人と人の和やかな絆をも結び合う 」

まさに「 和醸良酒 」だなぁなんてことを思いながら、筑波山麓の夜は静かに(?)更けてゆきました。


そうそう、新たな出会いもありました。
「来楽庵」のご主人のお心遣いもあって、サックスを演奏されるTさんが生演奏を披露して下さいました。
JAZZを聴きながらの日本酒も格別でした。


さてさて、次の会はいつになるんでしょうか?
今から楽しみで仕方がありません(笑)

茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-06-13 22:36 | 桜川市