カテゴリ:常陸太田市( 8 )


2011年 07月 14日

また食べたい!あのお蕎麦 ~そば処 いい友・常陸太田市~

f0234447_744487.jpg


あのお店また行きたいなぁ・・・なんて思っていたら、ご紹介していないお店がありました。
僕たちが「また食べに行きたい!」って思っているお蕎麦屋さん。
常陸太田市にある「そば処 いい友」さんです。


僕たちが行ったのは東日本震災前で、「新そば始めました」の看板が出ていた時期。
開店と同時に一番乗りして、一日14食限定の十割もりそば(900円)と野菜の天ぷら(400円)を頂きました。

打ちたて&茹でたてのお蕎麦は心地良いコシがあり、口の中に広がる香りと相まって、とても美味しかった♪


f0234447_744742.jpg


野菜の天ぷらもアツアツ&サクサク♪


f0234447_7441134.jpg


「そば処 いい友」さんのご主人の本業(?)は大工さん。
だから、お店の営業日は、金曜、土曜、日曜日だけ。
だけど、自家栽培している常陸秋そばを使って、打ち立てを食べさせてくれるっていうんですから、気合いの入ったお店ですよね。

ご主人にそば打っている姿の撮影許可をお願いしたところ、最初は「ちょと・・・」って言われたんですが、後になって「撮ってもいいですよ」と言って下さったのでパチり。
ちなみに撮ったのはウチの相方です(笑)


f0234447_7435054.jpg


あ、書いていたら、また食べたくなってきた。
近々行くしかないか。
迷わないで行けるかな?(^-^;



そば処 いい友
茨城県常陸太田市高貫町1446-4
TEL:090-1537-2804
FAX:-
営業時間:金曜日~日曜日 11:00~19:00
ただし、時間内でも売切れ次第閉店します。
定休日:月曜日~木曜日
URL:http://www.seizanso.co.jp/iitomo/index.htm




茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-07-14 07:47 | 常陸太田市
2010年 11月 26日

「赤土」で新そばの十割蕎麦を堪能♪~常陸太田市~

f0234447_22512164.jpg


秋といえば「食欲の秋」ですよね(^-^)
黄葉とか紅葉の写真ばかりではつまらないので、おいしいものでも♪


この前は常陸秋そばフェスティバルに行きながら、常陸秋そばを食べずに帰ってきてしまいました(^-^;
なんとなくスッキリしないというか、心残りというか・・・
というわけで、紅葉狩りの途中に常陸秋そばを食べに行きました。


向かったお店は、常陸太田市金井町にある「赤土」さん。
「赤土」さんでは、日本一ともいわれている常陸太田市金砂郷赤土産のそば粉を地栽培・収穫して使用しているお店です。


人気のお店で、この日は外に並んでいる人だけで20人ほど・・・
お店に入るまで50分かかりました(^-^;
最近、ホント並びます(苦笑)


待ちに待ってお腹ペコペコな僕たちは、11月限定の十割蕎麦と天ぷらを食べました。


f0234447_22515556.jpg


常陸秋そばの十割蕎麦。
新そばの風味を堪能しました。


f0234447_22522822.jpg


天ぷらもおいしそうでしょ!

海老、カボチャ、ナス、大葉、インゲン、長芋(?)、菊、リンゴ、プチトマト、梅干と盛りだくさん。
リンゴと梅干の天ぷらは初体験でした。

カリッと揚がっていましたよ。
特に海老は甘みがあっておいしかった♪


f0234447_22525594.jpg


蕎麦プリン。
想像以上のモチモチ感。
ソースに絡めて口に運ぶと、蕎麦の風味が広がります。
上に乗っている蕎麦の実の香ばしさと食感もGood!

隣の席の人が食べている表情を見て、後から頼んだんですが正解でした(笑)


「赤土」さんは店員さんの対応もよく、働いている方の笑顔も素敵でした。
十割蕎麦は11月限定なので、お早めにお出かけくださいね!(^-^)


金砂郷産 手打ちそば 赤土(あかつち)
住所:茨城県常陸太田市金井町1788-2
TEL:0294-72-2008
FAX:-
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~21:00
定休日: 水曜日
URL:




茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-11-26 23:02 | 常陸太田市
2010年 11月 21日

常陸秋そばフェスティバル2010に行って食べたものは?~常陸太田市~

f0234447_21224810.jpg


袋田の滝、竜神峡大吊橋と紅葉を堪能した後、僕たちは『常陸秋そばフェスティバル2010』に向かいました。

ご覧の通り、会場は蕎麦好きの人が、お目当てのお蕎麦を求めて行列を作っています。
みなさんお好きなんですね(^-^)

ところで、「常陸秋そば」は、茨城県で誕生した品種。
旧金砂郷村(現在の常陸太田市)の在来種から品質の良いものを選別、改良が行われて、茨城県内の各地で栽培されています。

蕎麦の香りや風味が良いということで、「品質日本一」「玄そばの最高峰」なんて言われているそうです。


f0234447_21244654.jpg


美しい紅葉を愉しむなんて、ちょっと大人な感じでいいんですが(笑)
やっぱりお腹は空くんです(^-^)
しかも、この日は朝早くから起きて動いているから、いつもに増してお腹ペコペコ!

すぐにでも食べたい気分だったのですが、なんかすごい勢いで行列になっているお店が。
広島の「達磨」さんでした。

お蕎麦のことは全然詳しくないので、お目当てのお店とかは全くなかったのですが・・・完全にミーハー気分で並ぶことに(笑)

並ぶのって嫌いなんですが、そんなこと言っているとどこのお蕎麦も食べられないので(^-^;


f0234447_2125848.jpg


「達磨」さんのもりそばです。
歯ごたえが印象的。
口の中で広がる感じがなんとも心地いい♪
そばつゆも好みのものでした。


f0234447_21253238.jpg


お次は、会津山都蕎麦「蕎村(きょうむら)」さんのお店へ。
以前、福島で山都蕎麦を食べて美味しかったので♪

こちらもご覧の通りの行列。
しかも、注文の列と、受け取りの列が別にあって、「達磨」さんより待ち時間が長かった(^-^;


f0234447_21255874.jpg


会津地鶏の温かいお蕎麦。
地鶏の奥深い味わいと、お蕎麦の風味が合ってます。
お蕎麦の味としては、こちらの方が好みだったかな。
これは二人で1つを分けて食べました。


という訳で、『常陸秋そばフェスティバル』に行ったのに、常陸秋そばを食べずに帰ってきてしまいました(^-^;

ええーっ!?って感じですよね(苦笑)
いや、もうちょっと食べられるかなと思ったのですが、正直お腹がいっぱいで。
無理して食べても美味しくないでしょ!ってことで潔く帰りました。

というわけで、「常陸秋そば」はまた別の機会に。
茨城にはおいしいお蕎麦屋さんがたくさんありますからね。
きっと食べに行くと思うので(^-^)♪



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-11-21 21:36 | 常陸太田市
2010年 11月 20日

先週末の竜神峡の紅葉 ~常陸太田市~

f0234447_0311190.jpg


先週末は紅葉の名所をハシゴしました(^-^)
前の記事の袋田の滝と、ここ竜神峡です。

奥久慈県立自然公園に位置する竜神峡。
竜神峡大吊橋は、竜神川が流れる渓谷の上にかけられた橋です。
橋の長さは375mあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇るそうです。


f0234447_0313215.jpg


竜神峡大吊橋の上から見た風景。
高所恐怖症なので、橋が揺れるとちょっと嫌な感じがします(^-^;
見た目はがっしりしているのに、吊り橋だからやっぱり揺れるんですよね。
揺れると言ってもちょっとだけどね(笑)


f0234447_032224.jpg


全面紅葉という感じではなく、紅葉して色づく木がまだらにあるという感じなんですね。


f0234447_0324123.jpg


駐車場近くで真っ赤に紅葉していました。


今日見たNHKのニュースでは、袋田の滝、竜神峡、花貫渓谷、筑波山と、茨城の各地で今週末、紅葉が見頃を迎えるそうですよ。


僕は今週末、花貫渓谷に行ってみたいと思っています♪
そういえば、あそこにも吊り橋があったよね(^-^;



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-11-20 00:34 | 常陸太田市
2010年 11月 17日

秋の夜の幻想的な風景~第7回行灯の赤レンガと銀杏まつり・常陸太田市~ sanpo

f0234447_22115116.jpg


今年で7回目となる「行灯(あかり)の赤レンガと銀杏まつり」
常陸太田市西河内下町にある「旧町屋変電所」とその周辺で、11/13(土)と11/14(日)に開催されました。
僕たちは13日の土曜日に行ってきました。


f0234447_22121524.jpg


明治時代の後期に建てられた赤レンガ造りの旧町屋変電所と黄葉した銀杏の木がライトアップされます。

旧町屋変電所ではコンサートも行われていました。
僕たちが行った時は、ヴァイオリニストの竜馬さんの演奏を聴くことができました♪


f0234447_22123795.jpg


行灯は地域の方々や学校の生徒さんたちによる手作り。
ろうそくのやさしく温かな火で、辺りは幻想的な雰囲気になります。


f0234447_2213019.jpg


毎年、行灯で漢字が描かれています。
今年は「幸(さいわい)」でした。
こちらは相方のRuRuがLumix GF-1で撮影。
もちろん僕も撮影しましたが・・・あまり良く撮れなかったので不採用(>_<)


f0234447_22132911.jpg


旧町屋変電所の建物は、取り壊される運命にありましたが、平成11年に国の登録有形文化財として登録され、「河内の文化遺産を守る会」の方々のご尽力で守られています。

「河内の文化遺産を守る会」では、多くの方々に旧町屋変電所を知ってもらい、貴重な文化遺産を守り、次の世代に遺そうという目的の一環として、この手作りのおまつりを開催しているそうです。


来年もきっと開催されると思いますので、みなさんにも秋の夜に幻想的な風景をご覧頂きたいと思います(^-^)♪

茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-11-17 22:18 | 常陸太田市
2010年 09月 14日

赤レンガと赤とんぼ~旧町屋変電所・常陸太田市~

f0234447_2385030.jpg


常陸太田市の町屋の集落を抜けると、里川をはさんだ向かい側に赤いレンガの建物が見えます。

旧町屋変電所です。

明治42年に建設された水力発電所の変電施設です。
茨城で初めて電灯が灯ったのは、明治40年の水戸。
その後明治44年の11月、土浦、笠間、旧太田町などに次いで、町屋にも電灯が灯りました。
当時の町屋の人は「電気見たけりゃ町屋に行け・・」と誇りにしていたそうです。

旧町屋変電所は、昭和31年まで変電所として稼動していました。
廃止後は地域の集会所として利用されていましたが、取り壊される運命にあったそうです。
昭和59年から「河内の文化遺産を守る会」によって周辺整備などが行われ、平成11年に国の登録有形文化財として登録されました。


f0234447_2391063.jpg


碍子はフランス製といわれているようです。


f0234447_239299.jpg


旧町屋変電所の近くにはこんな水路もあるんです。
発電所で使用していた水路なのでしょうか?
なんとも風情のある水路ですよね。
この日は結構な勢いで水が出ていました。
なかなかの迫力です♪


f0234447_2394688.jpg


赤とんぼを見つけました。
暑い日が続いているけど、少しづつ秋が近づいてきているんですね。


銀杏の葉が黄色になる毎年11月に「赤レンガと銀杏まつり」が開催されます。
夜は旧変電所の建物がライトアップされて、周りの田んぼや川沿いにはたくさんの行灯が灯されるんですって!

今年は11月13日~14日です。
実は楽しみにしているんです。(^-^)


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-09-14 23:11 | 常陸太田市
2010年 08月 25日

釜平のソースカツ丼を食べました・常陸太田市

f0234447_00856.jpg


暑さを乗り切るにはスタミナをつけないと!というわけではなく・・・(笑)
前の記事で紹介した枡儀団扇店さんにお邪魔した後、ちょうどお昼頃になったので、ソースカツ丼で有名な「釜平」さんにやってきました。


f0234447_003280.jpg


カリッと揚げられたとんかつ。
厚すぎず、薄すぎず、適度な厚さのロース肉に、細かめのパン粉。
自家製のソースダレをまとって、常陸太田産コシヒカリのごはんの上にドンと乗っています。

カツとごはんの間にキャベツとかありません。
シンプルです!

あっさりしているのに、旨味がある・・・昭和2年の創業時から受け継がれてきたソースダレに秘密があるのでしょうか!?


f0234447_02999.jpg


釜平さんは、鯨ヶ丘商店街の西町通りから細い路地を入ったところにあります。
「太田七坂」の1つ「板谷坂」からも歩いてすぐのところですよ。



ソースカツ丼とウナギの店 釜平
住所:茨城県常陸太田市西三町2129-2
電話:0294-73-0063
FAX:0294-72-5564
営業時間:11:00 ~ 14:00
     17:00 ~ 19:00
定休日:日曜日
URL:http://www.jsdi.or.jp/~salt/index.html


茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-08-25 00:06 | 常陸太田市
2010年 08月 22日

雪村うちわ~心地よい涼を感じる手作りうちわ~・常陸太田市

f0234447_1065865.jpg


もう8月も終わりになるというのに・・・今年の夏はとても暑いですね。
涼の取り方にはいろいろありますが、僕は今年の夏、うちわ(団扇)を買いました。
うちわのやさしい風が心地良いのはもちろん、涼しげなイメージがありますよね。

僕が買ったのは「雪村うちわ(せっそんうちわ)」です。
一般的なうちわとはちょっと違った形をしていますよね。


f0234447_1072041.jpg


「雪村うちわ」は室町時代の画家・雪村が、常陸太田の瑞竜町沢山にある耕山寺に住んでいた時に始めたものといわれています。
水戸黄門でおなじみの、徳川光圀公も愛用していたといわれています。
茨城県郷土工芸品にも指定されている一品です。

うちわの紙には、「西ノ内和紙」が使われています。
僕は小学生の頃、西ノ内和紙を手漉きすで作っているところに見学に行ったことがありますが、これがすごく丈夫な紙で、ちょっとやそっとじゃ破れません。
この和紙には、写真の「馬」「きゅうりと茄子」や、「かかし」「朝顔」「水戸八景」など、雪村ゆかりの山水花鳥の水墨画が描かれています。


f0234447_1075811.jpg


現在は、「枡儀団扇店」の圷さんが手作りされています。
その技と伝統を引き継いでおられる、唯一の職人です。
看板にも長い歴史を感じますね。

「雪村うちわ」は全て手作業で作られています。
うちわが完成するまでには、33の工程があります。


f0234447_108216.jpg


うちわの骨になる竹。
地元常陸太田の真竹を使用しています。
秋に山から切り出しますが、切り出す真竹は圷さんが選んでいるそうですよ。
真竹は、うちわの骨の原型になる加工をしてから、約1年間天日で干します。


f0234447_1084965.jpg


骨はうちわの形になるように、柄の根元の部分から放射状に広がるように、い草で編んでいきます。
その作業をどのようにやるのか、実際に見せていただきました。


f0234447_1091823.jpg


f0234447_1094316.jpg


圷さんの手が動くと、まるで骨が自らの意志でその位置に整列するかのように綺麗に整っていきます。
職人技とは、まさにこのような事をいうのだと実感させられます。


f0234447_1010213.jpg


圷さんに「雪村うちわ」ができるまでのお話を聞いて、その人柄に触れ、技やこだわりを知ると、扇いだ風の心地よさもひとしおです。

みなさんも、おひとついかがですか?(^-^)


*「雪村うちわ」は「JAZZの普段着写眞館」のJAZZさんに教えて頂きました。
こちらに雪村うちわのことが紹介されていますので、是非ご覧下さい。


枡儀団扇店
住所:常陸太田市塙町2274
電話:0294-72-7159
FAX:0294-72-7159



茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2010-08-22 10:17 | 常陸太田市