茨城お散歩

ibaraki3po.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 22日

キリンビール取手工場「キリンビアパーク取手」の見学ツアーに行ってきました

f0234447_20381267.jpg


暑い日が続きますね。
夏といえば、冷えたビールがたまらなく美味しい季節でもありますよね(笑)

という訳で、今回は暑い夏を満喫しちゃおう企画の第一弾として、取手市にあるキリンビール取手工場「キリンビアパーク取手」の見学ツアーに行ってきました。

実は茨城県、ビール生産量が日本一なんですが、ご存知でしたか?
茨城県内には、キリンビール取手工場の他に、お隣りの守谷市にアサヒビールの工場があります。
誰でも知っている大手2社のビール工場が2つ、しかもどちらの工場もトップクラスの生産量ということもあって、都道府県別で第1位になっている訳です。
利根川水系の豊かな水資源をもとに作られたビールが、大消費地首都圏の需要を担っているんですね。


f0234447_20384382.jpg


キリンビアパーク取手は、1970年に操業を開始。(お!ほぼ同年代)、東京ドーム約5・5個分が入る約26万平方㍍もの敷地面積があります。
国道6号線と常磐線に挟まれた位置にあり、以前は敷地の一部に貨車の引込み線もあったそうです。
右側の茶色の大きなものは、1972年から2006年9月まで実際に使用されていた銅製の仕込釜。
全国のキリンビールの工場で、最後まで銅製の釜が使われていたのが取手工場。
その銅釜がゲストホール前でお出迎えしてくれます。
ちなみに、この前でくしゃみをすると、ハクション大魔王が出てきます・・・スミマセン、嘘です(笑)


f0234447_2039089.jpg


見学は、まずゲストハウスで工場の紹介映像を観ます。
その後、醸造工場の仕込室に移動します。
ここでは、仕込室に入って仕込釜などの設備を見たり、使われている原料やビール製造工程について映像を観たり、説明を受けることができます。


f0234447_20393421.jpg


取手工場が操業を開始した1970年以来、2007年9月まで37年間使用していた国内最大級の銅製仕込釜。
貫禄を感じる色合いですよね。こういったものを残して見ることができるなんて貴重です。
銅釜は手入れとメンテナンスが大変だということで、ステンレス釜にシフトしていったそうです。
ほぼ同じ年月、時代を生きている者として、もう使われなくなっていることに、ちょっと寂しさを感じました(苦笑)


f0234447_20393816.jpg


こちらはステンレス製の仕込釜。
現在はこちらで仕込みが行われています。

たくさんの窯がある仕込室の中は、湿気が多くて蒸し暑かった。

この仕込み釜1つでどのぐらいのビールを作れると思いますか?
350mlのアルミ缶で30万本分だそうです。
いまいち実感できない量ですよね(^-^;


f0234447_20394299.jpg


ビールの原料になる大麦やホップについて詳しくの説明してくれます。
写真はホップ半分に割ったもの。
このように、実際に使われている原料を手に取って、形や香りなどを確かめることができます。
ちなみに、この日初めて二条大麦と六条大麦の違いを初めて知りました。
勉強になるなぁ(笑)

また、ここでは発酵させる前の麦汁を試飲することができました。
僕たちが行った日は、淡麗グリーンラベルのものでした。
発酵前だからアルコール分がないので、お子様でも飲めますが・・・ちょっと苦いかも。
口に含んだ時は甘さが先行するんですが、後から苦味が口一杯に広がりますので(笑)


f0234447_20392181.jpg


f0234447_20391920.jpg


バスに乗ってパッケージング工場に移動します。
この日は「一番しぼり」の瓶詰が行われていました。
ここではビンの洗浄、検査、ビン詰、ビン詰め後の検査、ケース入れなどの工程を見学することができます。


f0234447_20391628.jpg


パッケージング工場の廊下には昔のポスターや海外向けのポスターが展示されていて、時代を感じることができて興味深いです。
いつの時代も変わらないのは、美しい女性と飲むビールが美味しいということでしょうか?


f0234447_2039741.jpg


パッケージング工場の見学が終わると、バスに乗ってゲストハウスに戻り、お楽しみの試飲タイム。
僕たちが行ったときに飲めたビールは3種類。
決められた時間内に3杯まで飲むことができます。


f0234447_20391120.jpg


最初に飲んだのが「ハートランドビール」。
麦芽100%とアロマホップ100%の「ハートランドビール」はキリンビールの中でも取手工場だけで作られているビール。
これがまた、ハッとするようなおいしさ!!!
もうこれだけ飲んじゃおうかなって思ったくらい(笑)

シャープなんだけど強すぎない心地よい苦み、ふゎっと広がる麦のやさしい甘み、これらが絶妙のバランスで、爽やかさを感じるビールなんですねぇ。

初恋&一目惚れ的な感じで惚れこんでしまいました。


f0234447_20391348.jpg


オリジナルのおつまみも用意されています。
注目は一番搾りの麦芽でつくった、カリカリの麦のおつまみ「ぽりぽり一番」。
非売品みたいですが、今「キリンビアパーク取手」の見学ツアーに行けば、きっと食べることができます。
一番搾りと相性バッチリらしいですよ♪


f0234447_2039474.jpg


ごちそうさま。おいしかったぁ(^-^)

キリンビアパーク取手の見学ツアー、楽しかったですよ。
ガイドの栗原さんの笑顔はキュートだったし、説明もわかりやすかったし、「写真撮りますからいつでも言ってくださいね!」なんて言ってくださって・・・お言葉に甘えて撮影してもらいました。
ビール好きな方はもちろん、そうじゃない方でも楽しめるツアーじゃないかなって思います。

今度は「ハートランドツアー」の参加を目論んでいます。
樽のハートランドを思いっきり味わってきたいと思ってます(笑)


「キリンビアパーク取手」工場見学の詳細・お申し込み方法はこちらでご確認下さい。
http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/toride/tour.html


キリンビール(株)取手工場内 キリンビアパーク取手
〒302-8502
茨城県取手市桑原188-1
TEL:0297-72-8300 ご予約受付時間 9時~17時30分
休館日:月曜日、年末年始、その他




茨城情報ランキングに参加しました。
気に入っていただけたら応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]

by ibaraki-sanpo | 2011-07-22 20:57 | 取手市


<< 石岡の味覚満喫キャンプ      また食べたい!あのお蕎麦 ~そ... >>